高血圧とED|レビトラと併用禁忌の薬

高血圧の人はED(勃起障害)を併発しやすいです。高血圧になると血管に必要以上の圧力がかかり、それに血管が耐えようとして動脈硬化が起こります。すると血液が流れにくくなり、ペニスへの血液供給がうまくいかなくなることでEDが起こります。
高血圧は様々な合併症を引き起こす危険性もあり、注意が必要です。狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、といった病気に成る可能性も高くなり、場合によっては命を落とす危険性もあります。
狭心症や心筋梗塞の治療では、ニトログリセリン系の薬を使います。血管を拡張させて血圧を低下させる薬です。
この薬は、レビトラなどのED治療薬とは併用禁忌になっています。レビトラもニトログリセリンもどちらも血圧を低下させる作用があるので、ダブル効果で血圧が下がりすぎて、死に至る危険性があります。
他にも、レビトラはHIV治療薬や水虫の内服薬、不整脈の薬とも併用してはいけないことになっています。
レビトラ20mg錠は他の薬の併用にかかわらず効果が強いので、服用する時には十分注意が必要です。
ニトログリセリン系の薬は内服薬だけではなく、塗り薬、貼り薬、吸引薬、注射、スプレータイプのものがあるので、内服していないからといって間違って使わないようにしましょう。
病院を受診した場合には現在かかっている病気や使用している薬をチェックしてもらえるので、誤って使ってしまうリスクは低いです。
しかし、ネット通販の個人輸入では医師の処方箋なしで海外から個人輸入することができる仕組みになっています。もしネット通販の薬を使う場合には、現在使っている薬があればそれが併用禁忌になっていないかどうかを確かめることが重要です。命に関わることなので、しっかり確認しましょう。