バイアグラの新薬であるレビトラの処方価格と特徴

勃起不全などを改善できる治療薬として、バイアグラが有名ですが、その後に開発された新薬としてレビトラがあります。レビトラについても厚生労働省による承認が行われていますので、専門のクリニックなどで処方してもらうことが可能です。レビトラは他のED治療薬と同様に、ドラッグストアなどで市販されているものではなく、処方箋薬となります。そのために入手するためにはクリニックで、医者の診断を受けて処方してもらう形となります。
ED治療薬には保険適用がありませんので、費用が高くかかってしまう特徴があります。レビトラの処方価格は1錠あたり10mgが1500円、20mgが2000円ほどが相場であると考えられています。バイアグラよりも少し高い価格が設定されていることが多く、即効性や持続時間の長さなどの特徴的な違いがあります。配合されている成分はバルデナフィルで、勃起を抑制させる酵素であるPDE5の作用を阻害することで、陰茎の血管を拡張させて勃起を促進させる効果があります。レビトラを服用したときに発症する副作用としては、目の充血や頭痛、動悸、顔のほてりなどが考えられます。これらの症状はレビトラを服用したときに付随する症状で、気にすることなく服用を続けることができます。頭痛に関しては気になる人であれば、市販の頭痛薬を併用することが可能です。服用方法としては、水またはその他の飲料水で飲むことが可能ですが、アルコールと一緒に飲むことは危険ですので避けたほうが良いでしょう。コレステロール値や血糖値が高い人や、体が大きい人、肥満の人などは10mgでは効果が実感できない可能性がありますので、そのときには20mgのものを試してみることがおすすめとなります。